夏→秋

【 2015年 09月 17日 】

衣替えはまず子供たちの服から。
c0022376_2242429.jpg
思うところあって、ダンナにも分かるように優しく丁寧に書いてみた。
重要なことなので2度書く。
対息子ではなく、対ダンナ、である。

手一杯なときとかに洋服着せてとか○○取ってとか頼むと、目の前にあっても「どこにあるんだ!」って怒鳴るんだもの、そりゃもうわかりやすくしてあげましてよ。
(※お互いいっぱいいっぱい)
つーかこんなん書かなくても見りゃ分かるだろうが・・・と他の人につっこまれたけど、私が一番そうつっこみたい。
まぁ、さすがにこうしておけば分かるでしょう。コレで分からないとは言わせないぞ。(←予防線)

普段から家の中のいろんなことを意識してみててくれれば、分かると思うんですけどね。
しまい方にあわせて畳んでる洗濯物、たまーーーにダンナが畳んでそんなことは全然どうでもいい違う畳み方にしてるのを発見すると、普段何も見てないんだなーと悲しくなりますな。
洗い終わった新しい洗濯物をどんどん右から入れて、着てない古いのが左に来るようにしてても右からどんどん取るしね。
「前の古いのから使って」と言っても、さっき畳んでしまったばっかりの一番新しいの引っ張り出してくるしね。

それ、仕事に置き換えて、会社で同じようなことをしたら「あの人仕事できないね」って言われないか?
(^_^;)

今の私の”仕事”は家での家事だから責任もってやってるわけで、家にいるときはちゃんと仕事してる私の流儀にあわせて欲しいわ。
まぁ、ダンナにとっては「仕事」は会社で家は違うわけだから、全然そんなこと考えてもないし、甘えてるんでしょうな。
それは仕方がないと思うところもあるし、こっちは大きな心で(←上から目線か?)受け入れなきゃいけないと思うんだけど、それは「いつも家のことをしてくれてありがとう」というのがあったら、だな。
うちのダンナは典型的な日本男子なのか硬派なのか察してちゃんなのか照れ屋なのかただ単に何も考えてないだけなのか分からないけど、「言わなくても分かるだろ」的に妻への感謝は言わない。
私に「言えよ言えよこの野郎ああん?」と言われて「はぁ・・・ありがとうございます」と言うくらいである。
「ありがとう」があるだけで、全然気持ちよく色々と出来るんだけどなー。
(※自発的な「ありがとう」ね)

最近、息子が「おかあさん、ごはんありがとう」とか「そうじきありがとう」とか言ってくれるとじんわりきてしまいます。
(ときどーーーきなぜかいきなり言う(笑))


ダンナ本人がここを読むのか読まないのか知らないけど(読んでないでしょうな)、たまにはサプライズ的にでもちゃんと感謝の気持ちを妻に述べてみるのはいかがでしょうか?(笑顔)
[PR]
by etsuwowowo | 2015-09-17 22:41 | 徒然 |
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

<< 任務完了! 鴨が増えてた >>