西条まつり

【 2013年 10月 16日 】

さぁ、待ちに待った西条まつりですよ。
西条ッ子にとってはこの日が1年で一番大切らしい。
西条まつり始まり(終わり?)のカレンダーも売られてるほどすごいらしい。


西条まつりに関してはリンク先参照のこと。


さて。

前評判通り、前日夜から街が騒がしくなり始め、まつりの始まる深夜は「深夜なの、今?」というくらいの賑わいに。
普通に町内放送入って「○○に集まってくださ~い」とか言ってる。
坊ちゃんが起きないかハラハラ( ̄Д ̄;;
(でも、思ったほど五月蠅くはなかったです・・・多分。6階だったし?)

朝8時半。
外が騒がしくなったのでベランダから見てみるとこんなのが移動中。
c0022376_2219326.jpg
ふおお・・・立派だ・・・コレが神輿かぁ。
オールナイトでコレやってるんだもん、すごいなぁ・・・と、「朝の陣屋前が見所ですよ」という前評判に従って陣屋(西条高校)にいくと・・・
c0022376_2220555.jpg
寝てるΣ( ̄□ ̄;)
(酒酔い+疲労と思われ)
天気が悪く、肌寒かったので、見てる方がちょっと心配・・・・。

さて、陣屋前にはだんじりがずらっと勢揃い。
c0022376_22223878.jpg
雨がぱらつきそうだったのでビニールかぶせてるだんじりもありますな。
うーん、すごい圧巻。
そして寝てる(笑)

順番に陣屋の門の前まで行き、かきくらべ(だんじり持ち上げたり)してる。
c0022376_22253030.jpg
持ち上げるときにバランス崩したりしてて、見ててハラハラすることも。
c0022376_22265852.jpg
「まつり見るのにこの場所いいじゃんー」と、お堀に架かる橋の陣屋に近い方に居たんだけど、コレが後々大変なことに。
近ッ!危なッ!Σ( ̄□ ̄ ||
c0022376_2228770.jpg
決して広くはない橋の上をだんじりがすれ違ったりするので、橋の上は人でいっぱい、見物人用の境界線のロープなどないので入り乱れてすごいことに。
すごくスリリング。
そして、組ごとに特色があってみてておもしろい。
門に行くところからテンションMAX!な組もあれば、静かに門の前まで行き、いきなり威勢よくかきくらべして静かに戻るという、なんともエコな組もありました(笑)

そして、やってきた。神輿。
c0022376_223032100.jpg
遙か遠くからやってくるのが見えたけど、吃驚したのはそのスピード。
とうてい人が引いたり押したりして出せるとは思えないスピードでやってきた。
最初、下に車でもついてるのかと思った(笑)
そして道を空けて逃げる人々(笑)
ものすごい迫力でした。
c0022376_22321856.jpg
そして、恐ろしい勢いで門前でかきくらべ。
c0022376_2233344.jpg
神輿を前後に揺らすために、大の大人が何人も全体重をかけてた。
すげぇ、緑のモヒカン・・・・!←そこか

そうこうしてるうちに次の神輿がやってきた。
c0022376_22341364.jpg
細工も見事!
c0022376_22344243.jpg
(高いんだろうなーコレ)
橋の上で神輿もすれ違う!
c0022376_22353943.jpg
計4台の神輿が揃い、もう橋の上は神輿に押されて人があふれそう。
c0022376_22365987.jpg
はい、身の危険を感じて、堀の端に飛び降りました。(^▽^;)
ダンナに肩車されたまま飛び降りられた坊ちゃんがすごくがくんと揺れてたのが印象的だった・・・・・。
(むち打ち大丈夫かいな・・・)
しかし、さすがうちの坊ちゃん、
c0022376_22391515.jpg
この大騒ぎの最中に夢の中へ・・・。どういうこと・・・・( ̄Д ̄;;

さて。下から見てもすごい迫力。
c0022376_2240528.jpg
そうこうしてるうちにお堀に落ちる人も。
c0022376_224187.jpg
うちらが見てる前で3人ほど落ちた。
うち一人はおじいちゃんで、木でざっくり足を切って血が出てるのにそのまま戻っていった。
恐ろしい男気。(多分)

1時間半くらい見物して、何度も下に落ちる恐怖を味わいました。
距離0ですごく臨場感あってスリリングだった・・・。
これ、よく死人とか大けが人とかでないなーと思いますわ。(でてるかもしれないけど)


夕方、メインの川入りがあるので加茂川へ。

途中、加茂川へ向かうだんじりたちと遭遇。
c0022376_22435867.jpg
加茂川近くではだんじりを担いでる人たちのかけ声が「がんばれーもうすぐーあと少しーがんばれー」で、ずっとだんじりもって歩き回って大変なんだろうなぁと思いましたわ。
今日の統一運行で10km以上は担いでるはず。ヒー。


少しずつ加茂川河川敷にだんじりが集まってきた。
c0022376_22471673.jpg
しかし。
なかなか集まらないし、河川敷は結構寒いしで、ダンナのみが残り、私と息子は自宅へ。
だって、18時近くなり、さすがに夕ご飯あげないといけない時間だったんだもん(^▽^;)
写真はダンナにお願いしたんだけど、暗いし慣れてないしでぼけぼけな物しか撮れてませんでした。


川入りが終わってダンナ帰宅。
夕食後、息子はダンナにお願いして、私一人陣屋前まで、まつりの余韻に浸ってまだまだがんばってるだんじりを観に行ってきた。
c0022376_22512785.jpg
c0022376_22545994.jpg
c0022376_22552725.jpg
午前中と同じような場所で「きれーい」と見てたらまた激しいかきくらべが始まり、また落ちる恐怖との戦い。
橋の上で10台ぐらい並んでのかきくらべに入ったので、帰るに帰れなくなってしまい、大回りして帰る羽目になったのでした(笑)


日付も変わる頃、マンションのすぐ近くの基地(?)にだんじりが帰ってきた。
c0022376_22564964.jpg
(一番最初の写真に写ってる駐車場にある緑のがだんじりを組み立ててまつりの間置いておく場所だった)
余韻に浸って騒いでると「もう終わったんだから静かにしなさい」との内容の放送が(笑)
お疲れ様でした。


西条まつりは観光客向けに広めてない地元のためのおまつり。
中に入って参加してみたらそれはそれで楽しそう。大変そうだけど。
遠くに働きに出た西条ッ子たちもこの日は帰ってくるそうで。
(盆正月は帰らずともまつりの時は帰ってくるらしい)
「こんなに西条に若者居たの?!」ってくらい居たぜ。
ちょっとそういう郷土愛(?)、羨ましいなぁ。

ちなみに、西条出身で毎年どんなに忙しくてもこのまつりに帰ってくるらしい「千の風になって~」と歌ってる某歌手さんをお見かけすることは出来ませんでした。残念。
[PR]
by etsuwowowo | 2013-10-16 22:14 | 徒然 |
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

<< ほっこり温泉♪ マグロ解体ショー★ >>